2015年10月23日

リタイアの準備(外貨)

海外に行くと、どうしても現地通貨を余してしまう。
大金であれば別だが、そうでなければ「いずれまた来る」と思って、そのままである。
調べてみると、以下の外貨を保有していた(金額は円換算後)。

@アメリカ・・・19,600円
A中国・・・・・・7,200円
B香港・・・・・・4,200円
Cシンガポール・・1,000円
D韓国・・・・・・・・600円
Eインドネシア・・・・・64円

総額で3万円強、大した金額ではない。
とはいえ、寝かしていてもしかたがないので処分方法を考えた。

@米ドルは世界中で使えるし、日本国内での換金も容易だ。
また、値上がりの可能性もある。
海外旅行で使ってもいいし、実家近くの銀行で換金してもいい。

A中国元は換金することにした。
当時は「また来る」と思って残したが、現状を見ると行きたくても行ける状況ではない。
国際通貨になる可能性もあるが、米中で紛争が起これば大幅下落もあり得る。
「早々に処分すべき」と思い、実際に6,600円程度(手数料控除後)で換金した。

B香港ドル、Cシンガポールドルは微妙だ。
もう十分行ったから、自ら進んでは行かないかもしれない。
香港は思ったより残していたので、そのときは「再び来る」と思っていたのだろう。
これも換金してしまおうかな。

D韓国ウォンも処分したい通貨bQだが、額が少ない。
中国同様、もう行ける国ではない。
B香港ドル、Cシンガポールドルと同じ機会にまとめて換金してもいいだろう。

Eインドネシアルピアは額も額だし、日本での換金は無理だ。
最初から残すつもりはまったくなかったので、実際にわずかな額しか残っていない。
しかし、6,000ルピア以上あって、この額だからガッカリする。

私の場合は、リタイアとは「都会から地方に引越す」ことでもあるから、都会で「やり残し」がないよう注意が必要だ。
外貨の処分もその一環である。

posted by なすび at 20:57| Comment(4) | リタイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする