2015年10月12日

リタイア後の資金シミュレーションについて

他人のブログを読んでいると、リタイア後の資金シミュレーションについて首を傾げることがある。
憚りながら、何点か指摘させていただく。

@年金の繰下げ受給
 年金を繰下げると、確かに貰える額は増える。
 平均以上生きる自信がある人は「お得」と思うかもしれない。
 しかし、年金にも税・国保の負担はあるので、額が増えるとそれらも増えることになる。
 (税・国保は累進だから、額面が増える以上に実質取り分は減る。)
 たぶん、平均より5年以上長生きしなければ元は取れないはずだ。

Aインフレ率
 やれ2%、3%と組み込む人がいるが、未来の景気など予測できないし、計算が複雑になるだけだ。
 私は考える必要はないと思う。
 インフレになれば、保有資産の金利も上がる。
 預金金利や株の配当でほぼ相殺できると思う。
 だから、両者ともにシミュレーションに組み込まなければいいのである。

B投資
 株式投資において、長期で利益を出す人は全体の10%程度といわれている。
 事実かどうかは分からないが、儲かる人が少数派であることは確かだろう。
 こんなリスクを前提としたシミュレーションは考えものだ。
 (まさか自分だけは勝者になると思っているわけではあるまい。)
 投資は趣味の範囲で止めるべきだろう。
 私が考える「投資をしてもよい人」は、数年前のアベノミクスのように明らかな上げ相場だけ賭け、
 あとは何もしない人である。
 しかし、一旦儲けた人がその後何もしないでいるのは大変難しいことだ。

以上より、税・社保を除いた年金額および保有資産を元にシンプルな計算すればいいと私は考えている。

posted by なすび at 19:50| Comment(12) | リタイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする