2015年10月07日

マイナンバーについて

マイナンバー制度が実施されると、個人のお金の流れがすべて国に把握される。
困るのは、脱税をしていたり、不正な収入を得ている人である。
また、副業などをして、会社の就業規則に違反している人も多少は困るだろう。
だから、マイナンバーに強く反対する人は基本的に「怪しい」人といえる。

真面目な一般国民にとってデメリットは情報漏えいくらいだろう。
もし個人の資産情報が不正に入手され、変なアプローチをかけられたら、大変面倒である。
もっとも、金持ちそうな老人には既に怪しい勧誘者が多数訪れていると思うが。

私のようにリタイアし、しかも大変真面目とはいいがたい人間にとっては、もうひとつデメリットがある。
それは、資産額によって低所得者の優遇措置が受けられなくなることだ。
既に介護施設などで所定の資産があれば、食費や居住費の負担軽減が得られないようである。
今までは資産額の誤魔化しも効いたが、今後は不可能である。

私は資産取崩のリタイアだから、収入は少ないが、資産はそれなりにある。
負担軽減が受けられないのは、それなりに残念なことだ。
今後はこのような優遇廃止も増えてくるだろう。

一方、メリットは脱税が減り、国の税収が増えることだ。
また、不正所得は犯罪の温床だから、犯罪が減ることも考えられる。
当然、反日外国人も減るだろう。
これらは真面目な日本国民に等しく益を与えてくれるだろう。

総じて評価すれば、「ゆるく賛成」というのが私の見解だ。

posted by なすび at 15:33| Comment(10) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする