2015年10月31日

政治雑感

ブログ村の政治カテゴリを見ているが、最近盛り上がりに欠ける気がする。
安保法案時には随分と盛り上がっていたのだが・・・もう勝負がついてしまったからだろうか。

「中道VS左翼」案件としては、沖縄問題などあるが、いまひとつパッとしない。
左翼に元気がないから、中道も対抗する必要がないのだろうか。

「左翼=マスコミ=中韓=反日」という図式が一般人にも広がりつつある。
左翼シンパは老人が多いから、あと10年もすれば死に絶えるだろう。
在日はマイナンバーで資金を押えられた。
マスコミは商売だから、左翼が減れば中道番組を放送するしかない。
中韓は反日路線を変えることはないが、基本ゆすり目的だから、金を渡さなければトーンダウンする。
まあ、それだけのことだ。

沖縄も典型的な左翼活動で、目的は補助金である。
それに中韓が便乗して、沖縄米軍の追い出し活動をしているだけ。
そういうことも、少しづつ知られてきている。
少なくとも普通の人は沖縄知事を変と感じている。

今後の焦点は南沙諸島での米中の紛争だ。
中国は国際的な支持を得られないだけでなく、軍事的にもまったくアメリカには敵わない。
「人工島建設の凍結」を宣言せざるを得ないのだが、そうなれば共産党政権は弱体化する。
個人的には、米軍に人工島が徹底的に破壊される姿を見てみたい。
中国には早々に折れるのではなく、突っ張って、口先だけでないことを示して欲しいものだ(できるかな)。

韓国と首脳会談をするようだが、何の進展もないのが最良である。
どうでもよ過ぎて話題にもならない感じだ。

posted by なすび at 11:05| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

リタイアの準備(外貨)

海外に行くと、どうしても現地通貨を余してしまう。
大金であれば別だが、そうでなければ「いずれまた来る」と思って、そのままである。
調べてみると、以下の外貨を保有していた(金額は円換算後)。

@アメリカ・・・19,600円
A中国・・・・・・7,200円
B香港・・・・・・4,200円
Cシンガポール・・1,000円
D韓国・・・・・・・・600円
Eインドネシア・・・・・64円

総額で3万円強、大した金額ではない。
とはいえ、寝かしていてもしかたがないので処分方法を考えた。

@米ドルは世界中で使えるし、日本国内での換金も容易だ。
また、値上がりの可能性もある。
海外旅行で使ってもいいし、実家近くの銀行で換金してもいい。

A中国元は換金することにした。
当時は「また来る」と思って残したが、現状を見ると行きたくても行ける状況ではない。
国際通貨になる可能性もあるが、米中で紛争が起これば大幅下落もあり得る。
「早々に処分すべき」と思い、実際に6,600円程度(手数料控除後)で換金した。

B香港ドル、Cシンガポールドルは微妙だ。
もう十分行ったから、自ら進んでは行かないかもしれない。
香港は思ったより残していたので、そのときは「再び来る」と思っていたのだろう。
これも換金してしまおうかな。

D韓国ウォンも処分したい通貨bQだが、額が少ない。
中国同様、もう行ける国ではない。
B香港ドル、Cシンガポールドルと同じ機会にまとめて換金してもいいだろう。

Eインドネシアルピアは額も額だし、日本での換金は無理だ。
最初から残すつもりはまったくなかったので、実際にわずかな額しか残っていない。
しかし、6,000ルピア以上あって、この額だからガッカリする。

私の場合は、リタイアとは「都会から地方に引越す」ことでもあるから、都会で「やり残し」がないよう注意が必要だ。
外貨の処分もその一環である。

posted by なすび at 20:57| Comment(4) | リタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

年金繰下げについて

早期退職して年金140万の男がいるとする。
それなりの資産はあるが、独身だから、金を残す必要がない。
死んだとき残金0という状態が理想である。

彼は70以降、年200万で暮したいと考える。
65から貰える年金を70まで繰下げると、大体その額になる。
70以降はまったく金の心配が要らない。
せいぜい緊急用のストックをいくらか握っていればいい。

確かに、65から素直に貰った場合に較べると、損は損である。
年金が増えると税・国保も累進的に増えるから、損益分岐点は85歳程度になる。
平均寿命より5年は長生きしないと、繰下げて得にはならない。

しかし、70以降は金の心配が要らないという「安心感」はある。
また、85以降は「死に金」がない状態になる。
死んだときには緊急の金だけが残っている状態だろう。
これはこれで悪くはない。

だが、平均より5年も長生きするのは大変である。
80では6割の人が生き残っているが、85になると4割に下がってしまう。
また、65から普通に貰った人に比べ、ストックが少ないから、余命1年と宣告されても豪遊はできない。
年200万以上には身動きが取れないのである。

65歳の時点でスタンスを決めてしまったから、70以降は計画的にしか生きることはできない。
「安心」と「85以降の死に金なし」を得た代わりに、「長生き目標」と「計画性」が求められることになった。

以上は国が政策を変えない場合だが、財政が悪くなれば年金収入に対する課税も増えるかもしれない。
そうなれば、国の施策にも「怯え」なければならない。

だが、繰下げせず、ストックがある人は金の管理が必要だし、ボケてしまえば悪い親戚に使い込まれる恐れもある。
これもこれで「恐ろしい」ことだ。

年金は「通常」がいいのか、「繰下げ」がいいのか・・・本当に考えることは多いのである。


【後記1】
 私自身はいまのところ「通常」で行くつもりである。
 長生きに自信がないのと、ストックに多少余裕があるからだ。
 「死に金」よりも「自由裁量」を採りたい気分だ。

【後記2】
 考えてみれば、「繰下げ受給」とはストックをフローに変換する試みともいえる。
 選ぶにしても、選ばないにしても、機会は一度である。
 選んだら、あとは国まかせ(人まかせ)・・・なんだか、「投資マンション」を買うようでもある。

posted by なすび at 00:04| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

リタイア後の資金シミュレーションについて

他人のブログを読んでいると、リタイア後の資金シミュレーションについて首を傾げることがある。
憚りながら、何点か指摘させていただく。

@年金の繰下げ受給
 年金を繰下げると、確かに貰える額は増える。
 平均以上生きる自信がある人は「お得」と思うかもしれない。
 しかし、年金にも税・国保の負担はあるので、額が増えるとそれらも増えることになる。
 (税・国保は累進だから、額面が増える以上に実質取り分は減る。)
 たぶん、平均より5年以上長生きしなければ元は取れないはずだ。

Aインフレ率
 やれ2%、3%と組み込む人がいるが、未来の景気など予測できないし、計算が複雑になるだけだ。
 私は考える必要はないと思う。
 インフレになれば、保有資産の金利も上がる。
 預金金利や株の配当でほぼ相殺できると思う。
 だから、両者ともにシミュレーションに組み込まなければいいのである。

B投資
 株式投資において、長期で利益を出す人は全体の10%程度といわれている。
 事実かどうかは分からないが、儲かる人が少数派であることは確かだろう。
 こんなリスクを前提としたシミュレーションは考えものだ。
 (まさか自分だけは勝者になると思っているわけではあるまい。)
 投資は趣味の範囲で止めるべきだろう。
 私が考える「投資をしてもよい人」は、数年前のアベノミクスのように明らかな上げ相場だけ賭け、
 あとは何もしない人である。
 しかし、一旦儲けた人がその後何もしないでいるのは大変難しいことだ。

以上より、税・社保を除いた年金額および保有資産を元にシンプルな計算すればいいと私は考えている。

posted by なすび at 19:50| Comment(12) | リタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

マイナンバーについて

マイナンバー制度が実施されると、個人のお金の流れがすべて国に把握される。
困るのは、脱税をしていたり、不正な収入を得ている人である。
また、副業などをして、会社の就業規則に違反している人も多少は困るだろう。
だから、マイナンバーに強く反対する人は基本的に「怪しい」人といえる。

真面目な一般国民にとってデメリットは情報漏えいくらいだろう。
もし個人の資産情報が不正に入手され、変なアプローチをかけられたら、大変面倒である。
もっとも、金持ちそうな老人には既に怪しい勧誘者が多数訪れていると思うが。

私のようにリタイアし、しかも大変真面目とはいいがたい人間にとっては、もうひとつデメリットがある。
それは、資産額によって低所得者の優遇措置が受けられなくなることだ。
既に介護施設などで所定の資産があれば、食費や居住費の負担軽減が得られないようである。
今までは資産額の誤魔化しも効いたが、今後は不可能である。

私は資産取崩のリタイアだから、収入は少ないが、資産はそれなりにある。
負担軽減が受けられないのは、それなりに残念なことだ。
今後はこのような優遇廃止も増えてくるだろう。

一方、メリットは脱税が減り、国の税収が増えることだ。
また、不正所得は犯罪の温床だから、犯罪が減ることも考えられる。
当然、反日外国人も減るだろう。
これらは真面目な日本国民に等しく益を与えてくれるだろう。

総じて評価すれば、「ゆるく賛成」というのが私の見解だ。

posted by なすび at 15:33| Comment(10) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする