2015年09月03日

青山繁晴

青山繁晴のコメントをよく聞いている。
彼の政治的立ち位置や正直な発言に好感を持っているが、最大の魅力は情報の信頼度だ。
安倍政権や内外国の要人とのネットワークを持ち、良好な関係を維持できているからだろう。

ここ最近面白かったコメントは、以下の通り。

@中国経済に復活の見通しはない
 一党独裁で自由競争が難しく、国として創意工夫ができない(コピー専門)。
 人件費が上がったため、「世界の工場」の役割も果たせなくなった。
 国として外国に売れるものがない状況になっている。
 一党独裁を止めない限り、中国に優良企業は育たないだろう。
 「世界の工場」は今後、南米、アフリカに移行する。

A山口組の分裂は収入が減ったから
 警察関係者は「いずれ分裂する」とみていたようだ。
 理由は暴力団の収入源が断たれているから。
 暴力団に限らず国や組織が分裂する図式はみな同じである。
 金がなくなれば少ないパイを求めて内紛が起きる。
 「アラブの春」もこの図式らしい。

Bプーチンは日本に来たがっている
 ロシアには燃料資源しか売るものがない。
 世界的に燃料価格が低下しているため、経済は大変な状況だ。
 ロシアは資源国から製造国への移行を目指している。
 ぜひとも日本の技術が欲しい。
 見返りは歯舞・色丹の返還である。
 日本としては国後・択捉まで含めてもらわないと納得できない。
 今はここの調整中だ。

posted by なすび at 19:15| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする