2015年09月30日

子供がいないということ

子供がいないのは一般的には残念なことだが、その人が属する組織にとってはプラスであることが多い。
仕事人生の後半に地位や金に執着することが少なく、仕事のための仕事をしてもらえるからだ。

彼には金を残すべき対象がいないし、父親の出世を共有する対象もいない。
純粋に会社のため、自分の美意識のために仕事をするケースが多いだろう。
だから、醜い社内政治や出世競争から一線を引くのである。
それは組織を健全に保つには大変よいことである。

汚職天国の中国でも子供がいない官僚は汚職をしないという。
まったくしないわけではないだろうが、自分と親や妻が贅沢できる程度で止めてしまうのだろう。
リスクを冒して汚職をしても、残すべき対象がないのだから、どこかで歯止めが利く。
兄弟やその子供のために無理をする人は少ない。

日本では安倍総理は子供がいない。
夫婦とも生まれながらの資産家だから、子供を産まないと決めた時点で、出世のための出世は念頭から外れているだろう。
彼が今、日本の総理という面倒な重労働をしているのは、政治家として何かを残したいという個人の美意識だろう。
一回目に失敗したから、リベンジで名誉挽回したいという気持ちだけかもしれない。
安倍政権の施策に問題がないわけではないが、「利権の遺産」を子に残す気がないから、比較的クリーンであることには確かだと思う。

私自身30後半で「結婚は無理」という感じがしたから、それ以降、子供を持つことは基本考えなかった。
だから、仕事は自分の美意識、やりがい、納得が主軸になった。
それで、ある程度収入が得られたら「よし」と考えていた。
上に上げてもらいたくて上司に媚びたこともほとんどない。
結果、大して出世もしなかったが、害をなすことも少なかったと思っている。

子供がいないということは当人は残念な気もするだろうが、組織のトップになる人には「いないほうがよい」と思う。
子供に後を継がせたくて晩節を汚す政治家、経営者は本当に多いからである。

posted by なすび at 17:22| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

世界株式会社

世界をひとつの会社としてみるならば、社長はアメリカということになる。
G7プラス中露が役員クラスだろう。

アメリカは最盛期は過ぎたとはいえ、金や腕力、狡賢さはナンバーワンである。
だから、他のどの国も露骨にアメリカに逆らうことはしない。
ときに付き合いを断ったり、裏で陰口を言うのがせいぜいである。

日本は金はあるが、腕力はアメリカに頼っている。
狡賢さとは無縁だから、まったくアメリカに対抗することはできない。
下手に反抗パフォーマンスをするより、上司に従いまくったほうがいい・・・というタイプのサラリーマンだ。

ドイツも日本に近いが、西欧系だからほどほどには狡い。
また、西欧系の役員仲間と釣るんで、アメリカとのバランスを取ろうとしている。

イギリス、フランスもドイツ同様西欧グループの役員だが、国が古いだけあって、狡さは上だ。
経済の弱さを狡さで補っているのだろう。

ロシアが唯一アメリカに対抗しているように見えるが、これはアメリカに匹敵するだけの腕力を持っているからである。
具体的には核兵器の数だ。
一方で、アメリカからは経済面の弱さを突かれている。
資源産業しかないロシアはエネルギー安に誘導されると相当キツイ。
技術国に生まれ変わろうと日本に助けを求めている状況だろう。

中国は金、腕力、狡賢さをそこそこ持っているが、どれをとってもアメリカに対抗できるレベルではない。
だから、反米はポーズだけで、裏ではよしみを通じているのである。
中国の最大の武器は難民爆弾かもしれない。
「共産党を潰せば大量の難民が先進国に押し寄せますよ」と脅す自爆ビジネスだ。

こうみると世界株式会社の役員といえども、そう楽しい日々を送っているわけではない。
常に社長の顔色を伺い、少しでも自分の力を伸ばそうとする。
一方、社長は社長で役員の監視を怠らない。
そうやって会社のバランスが保たれている。

一個人なら金を貯めてさっさとリタイアし、どこかの桃源郷で自由に暮したいと思う人もいるだろう。
しかし、残念ながら国には世界より他に居場所はない。
永久に世界株式会社で切磋琢磨しなければならないのだ。

posted by なすび at 14:31| Comment(6) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

イベントが作られる

安保法案をめぐり、メディアと国会周辺で大騒ぎが行われた。
今朝成立したようだから、騒ぎは早々に収まるだろう。

半年前も同じようなことがあった。
フリージャーナリストがイスラム国によって殺害された事件である。
これもいまや語られることはない。

2年前は秘密保護法である。
これもまったく同じ。
騒ぎが起きるのはTVの中と国会周辺だけで、成立後はすぐさま忘れ去られている。

これらは、日本人が大切なことを直ぐに忘れてしまう馬鹿国民であることを示しているのではない。
・騒いでいるのは一部の人間とそれに協力するメディアであるということ。
・大半の国民にとっては自分の生活に直接関係のない事柄であること。
この二つのことを示しているのだろう。

だから、一部の人間が騒ぎを止めたら、最初から何事もなかったように消え去ってしまうのである。
そもそも大多数の国民には関係のないことなのだから。

正直なところ、自衛隊が海外で軍事活動しようと、隊員の何人かが戦死しようと、一般国民には痛くも痒くもない。
そんなことより、1年半後の消費増税はどうなるのか、自分が高齢者になったときに年金や医療はどうなっているのか、外国人の犯罪が増えているが移民は本当に大丈夫か・・・などの方が圧倒的に継続的な関心を引くのである。
関心のあることを忘れる人はいない。

世の中、暇を持て余し、感情の捌け口を求めている人は幾らでもいる。
そういう人につけこむのが一部の人であり、そういう人にイベントを提供するのがメディアの仕事である。
しょせんイベントだから直ぐに飽きられ、忘れ去られる。
そして、また新たなイベントが作られることになる。

posted by なすび at 09:23| Comment(8) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

沖縄の欠点

リタイア後、冬場は暖かい場所に避寒したいと思っている。
第一候補地は国内にある沖縄だ。

私は沖縄に行ったことがない。
そこで、いろいろと調べているのだが、どうやら以下のような欠点があるようだ。

@時間にルーズ、適当
 沖縄人は時間にルーズで、適当な人が多いという。
 南国らしいといえば、南国らしい。
 私はウィークリーマンションを借りて、1〜2ヶ月住むだけだ。
 地元の人と大した交流はないだろう。
 沖縄で各種サービスを利用することも少ない。
 マンションの管理さえしっかりしていれば、あまり気にならないかもしれない。

A車の運転が乱暴
 私は那覇中心部に住むつもりだが、ときにはレンタカーを借りて郊外にも出たい。
 だから、乱暴な運転は嫌だ。
 少しマイナス点だ。

B飯がマズイ
 ネットで頻繁に語られているから、間違いないのだろう。
 これは問題である。
 私にとって食べることは一番の楽しみだからだ。
 言われてみれば、@な沖縄人の性格からして料理人の質が高いはずはない。
 昼は大衆食堂で外食するつもりだったから、アテが外れた感じである。
 当然スーパーの惣菜もイマイチだろう。
 米も悪いようである。
 ご飯自体がマズイ店で料理が美味しかったためしがない。
 白飯はすべての料理の基本である。
 内地の米を持ち込んで、全食自炊するしかないのか・・・。
 だいぶテンションが下がってきた。

いずれにしても一度は沖縄に行き、一週間程度滞在するつもりだ。
本当に「飯がマズイ」と思えば、第二候補の台湾を検討することになるだろう。


【後記】
こんなことを書くと「グルメなんですね」と嫌味のひとつも言われそうだが、実際に私はグルメではない。
高級店の食べ歩きもしないし、吉牛やラーメン、大衆食堂が大好きだ。
ただ、食の許容域が狭い。ある一定水準は満たしていないものは駄目だ。
上等なものは食べなくても結構だが、マズイものは食べられないというタイプである。

posted by なすび at 18:34| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

難民について

西欧では難民の流入が問題になっている。
過去にヨーロッパ人が中東地域で行なってきた悪事のツケが回ってきているのだろう。
しかたがないことだ。
人道を名目に、ツケの一部を日本に押し付けないで欲しいと願うだけだ。

中国、韓国の経済が痛んでいる。
中国は経済が破綻すれば、一揆、内戦、国家による虐殺、難民化という流れを辿るだろう。
日本にも大量の難民が押し寄せる。
既に日米で話し合われていると思うが、どう対処するつもりだろう。

中韓の難民はモラルが低く、犯罪率が高いだけでなく、反日活動もする。
私は受け入れ断固反対である。
政府もそんなことは百も承知だが、国際圧力とサヨク勢力に屈する可能性は高い。
在日や帰化人の過去の犯罪歴や給付したコストを示し、日本国民が正しく判断できる下地を作っておくべきだろう。

難民は国毎に固まって住むだろうし、そこはスラム化していくだろう。
そういう場所に近寄らないのは勿論だが、私の近辺に増えてきたら、転居も考えざるを得ない。
まあ、私は独身だし、30年余命があるかどうかの人間だから、ひたすら避け続けるだけである。

若い人や子供がある人は人道などという甘っちょろいことではなく、自分たちに直接降りかかる災難として真剣に考えるべきことだろう。

posted by なすび at 09:22| Comment(8) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする