2015年08月30日

モテなくてよかった

私は最近モテたいと思ったことがない。
タダでチヤホヤしてくれる人などこの世にいないからである。

私が若い娘であれば私の肉体が目的であり、将来のある若者であれば結婚が目的だ。
中高年であれば・・・金か、権力か、家事労働力だろう。

チヤホヤして貰おうとすれば、相手が求めるものを実際に支払うか、将来支払うという空約束(嘘)をする必要がある。
タダでチヤホヤを受け取ると、そのうち愛想をつかされるか、刺されるかのどちらかである。
歳を取って経験を重ねれば、そんなことは自明だろう。

私は虚栄のために金を払う趣味はないし、嘘をつくのも嫌だ。
愛想をつかされるのも物悲しいし、刺されるのは単純に困る。
だから、モテたくはないのである。

私も昔はモテたいと願っていたが、いま考えると恐ろしいことだ。
そのときの私は支払いなどをする気は毛頭なかったからである。

結論は「モテなくてよかった」ということになる。


【追記】
街で稀にドキッとするような美少女を見ることがある。
こういう与えるものが多い人は余程人を見る目がない限り、そのうち辛い経験をすることになるだろう。
何だか切なくて、思わず目を逸らすのである。

posted by なすび at 16:11| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする