2015年08月30日

モテなくてよかった

私は最近モテたいと思ったことがない。
タダでチヤホヤしてくれる人などこの世にいないからである。

私が若い娘であれば私の肉体が目的であり、将来のある若者であれば結婚が目的だ。
中高年であれば・・・金か、権力か、家事労働力だろう。

チヤホヤして貰おうとすれば、相手が求めるものを実際に支払うか、将来支払うという空約束(嘘)をする必要がある。
タダでチヤホヤを受け取ると、そのうち愛想をつかされるか、刺されるかのどちらかである。
歳を取って経験を重ねれば、そんなことは自明だろう。

私は虚栄のために金を払う趣味はないし、嘘をつくのも嫌だ。
愛想をつかされるのも物悲しいし、刺されるのは単純に困る。
だから、モテたくはないのである。

私も昔はモテたいと願っていたが、いま考えると恐ろしいことだ。
そのときの私は支払いなどをする気は毛頭なかったからである。

結論は「モテなくてよかった」ということになる。


【追記】
街で稀にドキッとするような美少女を見ることがある。
こういう与えるものが多い人は余程人を見る目がない限り、そのうち辛い経験をすることになるだろう。
何だか切なくて、思わず目を逸らすのである。

posted by なすび at 16:11| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

続々・リタイア後の車選び2

「デミオ」のディーゼルがいいか、ガソリンがいいかという話だ。

マツダは今回、「クリーンディーゼル」として、「騒音・振動・異臭」というディーゼルの欠点を抑えたエンジンを売りにしている。
しかし、抑えているだけで、ガソリン車には遠く及ばない。
一方で、メリットは燃費と馬力である。

ディーゼルの燃費については、車評などでしばしば取上げられている。
しかし、30万以上ディーゼル車の方が高いことを考えると、余程乗り倒さないと回収は不可能である。
だから、燃費についてはディーゼルのメリットというより欠点といえるかもしれない。
結局、比較するなら「騒音・振動・異臭・燃費」という欠点か、「馬力」というメリットかことになる。

以上は、ネットで下調べした知識だが、この時点で大体結論はついている。
私にとって車はまず「移動する快適な自室」であるべきだから、「騒音・振動・異臭」などとんでもないのである。

試乗の結論からいえば、下調べを覆すものではなかった。
試乗はそれぞれ10分程度だったから、余程明確な差がなければ分からないということもあるが・・・。
よって、私は「デミオ」であれば、ガソリンの最上グレードを選択することになるだろう。

「デミオ」を2種類載せてもらった後、「ロードスター」にも乗せてもらった。
外観もかっこいいと思っていたし、小型のスポーツ車自体にも魅力を感じていたらだ。
2229.jpg

「ロードスター」が好きな人はオープンカーであることに魅力を感じる人が多いだろう。
しかし、私にとってオープンカーは欠点でしかない。
雨、風、暑い、寒いは「移動する快適な自室」のコンセプトに反するからだ。
維持管理も大変である。
「ロードスター」と同程度にかっこよく、屋根のある車であれば私の心は相当動くだろう。

ちなみに「ロードスター」のオートマに試乗した印象は、
 ・思ったより出足が悪い
 ・車高が低い
 ・乗っていて何だか楽しい
であった。

1500のエンジンだからパワーを求めるのは間違っているだろうし、スポーツ車にオートマを選択することも違うだろう。
「何だか楽しい」は正直な印象だが、私が今までスポーツタイプの車に乗ってこなかったからということもある。
試乗で、遊び半分に乗ったから、新鮮で「楽しい」と感じただけで、慣れたら「乗り難くて不便」に変化する可能性は十分ある。
現実的には選択しない車ということになるだろう。

posted by なすび at 08:09| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

続々・リタイア後の車選び1

マツダの「デミオ」に試乗した。
demio21.jpg

しかし、最近はかなり否定的である。

理由は、ネット等で「立付けの悪さ」がしばしば指摘されているからだ。
買って間もないのにガタガタ、ギシギシと異音がするケースが多いようだ。
スズキは軽の実績はあるが、普通車はまだまだである。
品質管理が行き届いていないのかもしれない。

走り屋であれば、走りさえよければ、あまり気にならないのかもしれない。
しかし、私は走り屋ではない。
私が車に求めるのは「移動する快適な自室」である。

このコンセプトからすればトヨタのグレードの高い乗用車にするのが最良であろう。
外車に比べ、故障はしないし、コスパも高い。

しかし、私はコンパクトカーを求めている。
小回りが利き、どこでも気楽に停められる日常的な小型車を求めている。
内装のいい小型の日本車で、かつ多少のスポーツ心もあるもの・・・ということで「デミオ」になった。
というか、他にこういうタイプの車はなさそうだ。

「デミオ」にはディーゼルとガソリンエンジンの両方があるが、ともに最上グレードは白の革張りである。
なかなか高級感がある。
外見も鼻の長過ぎるきらいはあるが、そこそこ精悍だ。
後部座席や荷物スペースは狭いようだが、基本私が一人で乗る車だから気にならない。
031_o.jpg

いまのところ、「デミオ」の最上グレードに傾いている。
あとは、ディーゼルにするか、ガソリンにするかという選択だ。

posted by なすび at 08:50| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

世界陸上を観ている

世界陸上が行われている。
走る、跳ぶ、投げるに特化した競技大会だ。

道具を使う「投げる」は白人も健闘しているが、身体能力がストレートに出る「走る、跳ぶ」はやはり黒人が強い。
黒人が基本的な運動能力に優れていることは間違いない。

現存する人類の祖先はアフリカ出身である。
DNAの調査結果からも明らかなことだ。

人類はアフリカを出て、中東、そこからヨーロッパ、アジアに枝分かれした。
アジア系はベーリング海峡を渡り北米に行き、最後は南米に到る。

生まれ故郷を出て未開の地に行くということは・・・もちろん邪魔にされ、追い出されたのである。
生まれ育った場所で喰えるなら、わざわざ人のいない地に行くはずがない。
人が増え、その地に十分な食料がなくなったのだろう、弱い人間が強い人間によって押し出された。

その強いものの子孫が黒人であり、弱いものの子孫が白人、黄色人種である。
身体能力が勝敗を決めていた時代の話だ。
しかし、今や黒人はスポーツで気を吐くだけである。

現代は強欲で、残酷な白人の天下だが、いずれ異なる概念が世界を支配するかもしれない。
そうなれば、黄色人種や再び黒人の天下になるかもしれない。

そんなことを思いながら世界陸上を観ている。

posted by なすび at 22:37| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

私が読むブログ

最近はセミリタイア村もメンバーが増え、内容も多岐に亘っている。
私は新着サイトのタイトルをざっと眺め、興味ある記事だけ拾い読みしている。
馴染のブログはタイトル的にはイマイチでも、ブログ名だけで覗くこともある。

その結果、よく読む記事は以下のような感じだ。

@立場が近いブログ
 やはり年齢が近い50代は共感を持ちやすい。
 独身で男性であれば、さらに共通項は多い。

A関心がある話題
 食、インテリア、将棋、興味ある場所・・・などであれば必ず読む。
 政治的な話題も好きだが、サヨクは受け付けない。

B珍しい体験談
 これは当然だろう。

C感情の吐露
 その人なりに強い衝撃的な事件があったとき、やはり文章に感情が漲り、読み応えがある。
 リストラにあった、大切な人を失った、大病に見舞われた・・・などのときに書かれたものだろう。

D可哀相な話
 ある種Cと被るかもしれない。
 単純に女性週刊誌的な興味で、「他人の不幸は蜜の味」である。

E素晴しい内容
 情報や分析が秀逸で、想定外の結論に導かれる記事である。
 これは優秀なブロガーでもめったに書けるものではない。
 たまに出会うと感動する。
 作家やアーティストと同様、ブログの初期に多いと思う。

ちなみに、読む気がしないのは株と月々の資産状況である。
株は当面やる気がないし、「何歳、幾らでリタイア」は気になるが、他人の資産増減などまったく興味がないからだ。

posted by なすび at 17:32| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする