2018年08月05日

治安のいい国ほど家族間殺人が増える

日本の殺人事件の55%が「家族間殺人」によるものだそうだ。
驚きといえば驚きの数字だが、よく考えると当然かもしれない。

殺人には2種類ある。
「個人的な恨みが動機のもの」と「そうでないもの」。

まずは、個人的な恨みによるもの。
相手を殺したいほど恨むということは、濃密な関係が長期にわたって存在していたことを意味する。
親子、夫婦、兄弟、恋人、友人、近所、会社、学校・・・。
家族間でのトラブルが多いのは自然であり、諸外国も似たようなものだろう。

一方で、「そうでないもの」。
個人的な恨みがないのに人を殺す場合とは、強盗殺人、テロ、愉快犯・・・。
要は、治安が悪いということだ。

治安が悪い国であれば、恨みによらない殺人の割合が高くなり、必然的に家族間殺人の割合は下がる。
治安がいい国であれば、恨みによらない殺人の割合が低くなり、必然的に家族間殺人の割合は上がる。
ごく当然のことだ。

ネットでググっても外国の家族間殺人の割合は見つからなかった。
が、おそらく日本は家族間殺人の割合が最も高い国のひとつだろう。
理由は治安がいいからである。

日本で家族間殺人の割合が高いことに関し、識者といわれる人が様々な理由の述べている。
親を奴隷化する引きこもり、家族関係が濃厚、ストレス社会・・・勝手な思いつきを言っている。
治安がいい国は必然的に家族間殺人の割合が高くなる・・・それだけのことである。


【追記】
 治安がよく、家族間殺人も少ない国があるとしよう。
 では、その国ではどんな殺人が多いのだろう。
 恋人、友人、近所、会社、学校・・・?
 これはこれで病巣がありそうだ。

posted by なすび at 07:25| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

文科省はいらない

文科省の不正が止まない。

マスコミが遠慮なく報道しているところをみると、中国や半島絡みではないんだろう。
また、文科省は国政に影響がない弱小官庁だから、意図的に陥れられているわけでもなかろう。
司法取引か、道連れか知らないが、不正で捕まった文科省の官僚が仲間の不正を暴露していると考えるのが自然だ。

国家公務員試験の上位合格者が財務省に入るのは有名な話だ。
が、最も点数が低い合格者が入る省庁が文科省であることはそれほど知られていない。
国にとって教育は大事だが、先生でもない事務方の官僚が腕が振るえるような仕事はないんだろう。
だから、合格者に人気がないし、公務員になっても仲間から軽んじられる。

子供の数は減っているが、大学の数はそれほど減っていない。
中国人の留学生を入れて水増ししているからだ。
そして、彼らの学費・生活費は日本国が持っている・・・我々の血税である。

我々の税金で反日国家の国民を教育し、潰れるべき大学を生存させている。
それらを差配し、利権にしているのが文科省の官僚である。
私は文科省などいらないと思うが、皆さんはどうだろう。

posted by なすび at 12:56| Comment(6) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

悪どいビジネス

人生相談とは不思議なものだ。
失敗の原因を知り、改善するためのアドバイスを求める人はいない。
「あなたは悪くない。運が悪かっただけ」という慰めを求める人ばかりだ。

現状の改革ではなく、現状の是認を求めているのだから、物事は改善しない。
間違いの元を正さないのだから、引き続きうまく行かない人生を送ることになる。

改善できる人間とは、他人からアドバイスを貰う前に自ら変えられる人である。
自分がしたことの結果や周りの反応を見て、自ら改められる人である。

だから、人生相談をした時点で、その人はダメ人間である。
そして、ほぼ変わることはない。

人生相談のアドバイザーはそんなことは先刻承知だ。
不幸が改まらないのを知りながら、適当なことを言って商売にしている。
悪どいビジネスだが、新興宗教や政治団体に比べたら、まだマシなんだろう。

posted by なすび at 19:38| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

90まで生きるかもしれない

年寄の文章は長い。
リタイア村はそうでもないが、政治村は年寄が多いから結構目につく。

長い文章に限って中身がない。
だから、読まないけどね。

歳をとると自制が効かなくなるんだろう。
あれもこれも詰め込んでしまう。

誰も読まないブログだが、本人は言いたいことを言って満足のようだ。
「安倍が悪い」「日本が悪い」と言ったから、自分が偉くなるわけではないのだが。
そういう内省も効かなくなっているのだろう。

 **

日本人の平均寿命は伸びている。
私も90まで生きるかもしれない。
資金は問題ないが、頭の方はいささか心配だ。

ボケたら老人ホームに行くつもりだが、誰かに金の管理を頼まないといけない。
身内の個人に頼むより公共性の高い組織の方が安全だ。
これからは身寄りのない老人が増えるから、そういう組織もできるだろう・・・と思いたい。

posted by なすび at 09:42| Comment(6) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

米中の経済戦争について

米中による経済戦争が話題である。
株をやっている人は影響を受けているだろう。

bPのアメリカが、覇権を狙うbQの中国を叩き始めた。
という見方が一般的であり、私もそう思う。

しかし、「なぜ今なのか」はトランプが後先考えないイケイケ大統領だからではない。
アメリカの政治トレンドが変わったからである。

中国を贔屓にし、甘やかせてきたのは富裕層である。
中国という巨大市場で大儲けしたかったからだ。
しかし、一般庶民は中国に肩入れする理由はない。
中国に利権を持たないからだ。
だから、自国の損になったり、不公正があれば叩く・・・それだけのことである。

ネットが出現し、庶民は自前のメディアを持った。
富裕層が支配していたマスコミのプロパガンダに騙されなくなった。
よって、数に勝る庶民がアメリカ政治の方向を決め始めたのである。

要は庶民を背景にしたアメリカ政治が外国に興味を失いつつあるのである。
そのトレンドは日欧にも広がっている。
それを実現したのがネットであり、脱マスコミということになる。

posted by なすび at 08:28| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする