2020年09月27日

近況三題

ここ数日、印象に残るようなニュースはなかったが、竹内結子が自殺したのは驚いた。
気が強そうだが、切ない役が多くて印象に残っている。
彼女自身も生命力が強そうだったから、自殺は意外だった。
人は分からないものだ。

 *

国勢調査をネットで済ました。
家族二人、共に無職だから5分程度であっけなく終わった。
家族が多くて、皆働いていたら、もっと時間がかかるだろう。

 *

ヒマなもんだからドラクエビルダーズ(PS4のゲーム)の1と2をやり直している。
ストーリーの合間に町づくりをするゲームだ。
目標(ストーリー)を進めながら、作業(町づくり)をできるのが楽しい。
どちらか一方だけなら詰まらないだろう。
次作を最も楽しみにしているゲームだ。

posted by なすび at 11:41| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

穏やかな血

我々の遠縁は縄文人であり、彼らの歴史は長い。
しかし、現代日本人の直接の祖先は弥生人であり、縄文人と中国大陸や東南アジアから来た人との混血である。
弥生人は10数パーセントのDNAを縄文人から受け継いでおり、彼らが成立したのは2500年前くらいだ。
それほど、古い話ではない。

弥生人は日本本土の大半に進出したが、北海道には定住しなかった。
弥生人の主要作物である米が栽培できなかったからである。
ということで、北海道は縄文人が混血しないまま住み続けた。

1700年前にオホーツク列島からオホーツク人が北海道に移住し、縄文人と混血した。
1000年前に大陸北部からアイヌ人が移住し、縄文人と混血したオホーツク人とさらに混血した。
これが近代のアイヌ人である。

アイヌ人は北海道の先住民族ということになっているが、これは結構微妙である。
元々の先住民族は縄文人であり、縄文人は弥生人(現代日本人)の祖先でもあるから、現代日本人とアイヌ人は同族ともいえる。
アイヌの歴史は極新しく(鎌倉時代)、それ以前に弥生人は北海道に住んでいたことは間違いない。
頑張っても米が取れないから、結局農地を放置しただけである。
北海道に住んだ歴史としては、縄文人→弥生人(長期定住せず)→オホーツク人→アイヌ人という順である。

以上が歴史的事実だが、現在、アイヌは政治問題になっている。
人権利権、すなわち中韓利権と売国政治家が日本国の税金を掠めるために作った問題である。
これを熱心に進めてきたのが菅新総理というのだから、困った話だ。

それはそうと、縄文人というのはスゴイものだ。
侵略してきたどの種族とも争わず、融合し、混血し、DNAを残し続ける。
日本人は穏やかで争いを好まない人種といわれるが、間違いなく縄文人の血だろう。

posted by なすび at 13:42| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

今だけ庶民派

俺の親父はイチゴ栽培で成功し、金持ちになった。
町議もやってたし、農業組合長もやっていた。
姉二人は大学に行って教員になった。
当時、片田舎から娘を大学にやるのは大変だが、金があったからねw

俺は長男だから親父は跡を継げとうるさかった。
農業大学に入ったらどうかとも言われた。
でも、俺は大都会の東京で上を目指したかった。
田舎のイチゴ農家なんてまっぴらだ。

俺は親父と喧嘩して、高卒後、集団就職で東京のダンボール工場で働いた。
しかし、地方のボンボンには厳しく、2ヶ月で辞めてしまった。
2年間東京で浪人生活を送り、法政大学に入った。
もちろん、生活費も学費も親父が出してくれた。
娘二人を大学にやる金があるくらいだから、跡取り息子への仕送りなんてどうということはない。

大学卒業後、政治家を目指し、国会議員秘書になった。
そして、横浜市議、国会議員・・・。
政治好きなのは親父の影響なのかw
とにかく、まともにサラリーマンなど経験していない。

こんな俺が
 ・秋田の農家から集団就職して、段ボール工場で働いた
 ・苦学して夜間大学を卒業した(俺は昼の分だったから、これは嘘)
 ・庶民派で普通の人の気持ちが分かる
と言われているのだから、お笑いである。
安倍さんや麻生さんには及びもつかないが、俺も結構ボンボンなんだよねw
地方の金持ちの息子であり、上昇志向の強いタイプである。

こんなことはWikipediaを見れば直ぐ分かる話だ。
総理になったらマスコミにも叩かれるから、すぐバレるだろう。
今だけ庶民派だねw

posted by なすび at 11:15| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

私の洗車

今朝、車を洗った。
出かける時は基本車だから、キレイだと何となく気分がいい。
用がないのに遠出したくなる。

近所のガソリンスタンドの洗車機で洗っている。
ピカピカコースというコーティング剤の入った洗車で、約5分、600円である。
洗車は1〜2ヶ月に1回のペースだから、まったく負担感はない。

購入当初は自宅で手洗いしていた。
面倒で、サボりがちだった。
車好きの甥から「最近の洗車機は性能がいいから、素人が手洗いするより車が傷つかないよ」と聞いて、洗車機に変えた。
洗車機は下からも水が出るから、下側の汚れも落ちていい。

洗車機を利用している人の大半は、機械洗車後、そのままスタンドを出る。
私はスタンドの空きスペースに車を停めて、タオルで残った水滴を拭くようにしている。
そのままにして置くと、水道水の水滴跡が残って、塗装によくないと聞いたからである。

プラスチック部分にはアーマオール(保護つや出し剤)を塗っている。
プラスチック部分がしっとり黒いだけで車は新しく見える。

以上で作業時間は30分くらいだろうか。
ついでにウォッシャー液を補充してお終いである。
これで2〜3日は気分がいい(笑)。

posted by なすび at 16:28| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

素敵な動画

美人ユーチューバーは多いが、女優レベルのルックスと魅力を持っている人は少ない。
そんな数少ないユーチューバーが「コロモノココロ」。

ジャンルとしては、車中泊、田舎暮し、ペットという感じだろうが、何と言ってもウリは彼女のルックスと個性に尽きる。
20歳前後の広末涼子や新垣結衣を彷彿とさせる。

私は最初、無名女優の売り出し動画かと思ったが、本人によると、まったくの素人で、基本自撮りらしい。
いろいろ出来過ぎ感もあるが、まあ、それはいいだろう。

都会で疲れている若者が見たら憧れるだろうな。
素敵な動画なのでご一見を。

posted by なすび at 11:39| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする