2018年11月29日

自費出版したい人

自著を持っているブロガーがいる。
ブログの左右の欄に著作が紹介してあるから直ぐ分かる。

有名人や人気ブロガーだけではない。
ごく普通のブロガーにも著作がある人はいる。
無名の一般人が本を出すとすれば自費出版か、それに近い形だろう。
200万程度の自己負担が必要と言われている。

この人たちも本が売れて儲かると思って自費出版したわけではないだろう。
売れるような本が書ける人は、既にブロガーとしても相当数のアクセスを稼いでいるはずだ。
無名のブロガーに止まっているということは、本を出しても売れない・・・。
こんな自明なことが分からないほど、彼らも非常識人ではないだろう。

それでは何故200万も負担して自費出版するのだろうか。
正直、私にはよく分からない。

ブログが普及して自分の作品を世に問うことが簡単になった。
人の目に触れやすいし、タイムリーだし、金も掛らない。
紙の書籍は本屋に来る人の目にしか触れないし、遅いし、金も掛る。
いいことは何一つない。

本は既に有名な人がさらに稼ぐためのものであって、無名の人が有名になる手段ではない。
出版で無名人が有名になれたのは、ネット以前の話である。
自費出版なんて時代遅れ感がはなはだしい。
順番が完全に逆転している。

それでも、本にこだわる人がいるのは不思議な話だ。
まだ、紙の書籍にステータスを感じているアナクロだからだろうか。
それとも、頭の古い中高年相手にコンサル商売でもしたい人か。

いずれにしても、書いている人が同じだから、ブログも本もレベルに違いはない。
ブログがつまらなければ、本もつまらない。
ブログが面白ければ、わざわざ本を買わなくても、無料のブログだけ読んでいれば十分だ。
ブログ以上に本が面白かった試しはないからである。

posted by なすび at 05:27| Comment(8) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

キツイ労働がいいか、ボロな商品がいいか

身の回りの製品を見渡しても、ほとんどが日本製である。
最近は海外で生産されていることが多いので、正しくは日本メーカーのものである。
ここでは面倒だから日本メーカーのものを日本製と呼ぶ。

日本製は値段の割に品質がいい。
製品だけでなく外食やサービスも同様である。
だから特別なこだわりがない限り、外国製を買うことはない。
大半の日本人がそうだろう。

値段の割に品質がいい商品とは、メーカーにとって生産性の低い商品である。
メーカーにとって生産性の高い商品とは、値段の割に品質が悪い商品のことだ。
少ない手間で大きな売上が得られるわけだから利益率は高いだろう。
メーカーの労働者も低レベルの仕事で高い給与が得られるので嬉しい。
しかし、ユーザーにとっては最悪な商品・サービスといえる。

欧米は生産性が高いという。
それはそうだろう。
クーラーが故障してもサービスマンはなかなか来てくれない。
故障が直らなくても定時が来たら帰りたがる。
そのくせ、目が飛び出るような値段を請求する。
メーカーや労働者の天国だ。

日本人は値段の割に品質がいい商品しか買わない。
だから、メーカーもそれに合わせる。
ユーザーが笑い、メーカーが泣くのが日本社会の気質といえるだろう。
欧米はその逆かもしれない。

若い人の中には、こういう日本気質に批判的な人もいる。
自分の苦しい立場(メーカーの労働者)にのみ目を向けて、ユーザーとしてのメリットを忘れているからだろう。
会社勤めが長くなると、そういう構造もうすうす分かってくるから、一面的な批判はしなくなる。
キツイ労働がいいか、ボロな商品がいいか・・・「どっちもどっち」という気がしてくるからだ。

リタイアした私は、もはやメーカーの労働者ではない。
ユーザーとして商品やサービスを受けるだけの立場である。
だから、ユーザーが笑い、メーカーが泣く日本気質は大変ありがたい。
ほどよい価格で高品質の商品・サービスが受けられるからだ。
ブラック企業、サービス残業、低賃金、大いに結構である・・・とまでは言わないが、ムキになって批判する理由もない。

posted by なすび at 09:13| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

私のブログはどこの国で読まれているか


私のブログはどこの国で読まれているか。

日本が大半だが、20人くらいは海外で読んでくれる人がいる。
もちろん、現地人ではなく、海外にいる日本人だろう。
その中では、タイとアメリカが多い。

タイは分かる。
リタイア村のブロガーも頻繁に訪問している場所だ。
早期リタイアしたリタイア村愛好者が旅行中に読んでくれているのだろう。

アメリカは駐在だろうか。
早期リタイアした人が旅行先に選ぶ場所ではないだろう。
地域としてはカリフォルニアが半数だ。
気候のいい地域だが沈没先としては物価が高過ぎる。

タイでは私のブログはリタイア・ブログという位置付けだろう。
リタイア村の一ブログとして読まれている。

それでは、アメリカはどうだろう。
駐在中心だとすると、「欧米人の悪事を書いた記事」「愛国的な記事」が読まれている気がする。
欧米では人種差別が根強くある。
日本の駐在員の多くはそれに不満を持っている。
海外に住むと日本の良さを実感するし、自虐的な日本史ではなく、愛国的な日本史を知りたいと思うだろう。

私の推測は以上だが、実際はどうだろう。
海外滞在者のコメントがもらえたら幸いだ。

posted by なすび at 08:31| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

車は無駄という虚しい議論

車は無駄という記事はブログ村でも常連である。
私はそういう記事を見るたびにため息が出る。
記事の狙いが虚しい構造になっているからだ。

車を持つ持たないの基準はハッキリしている。
「車があったらなあ」と思うことが月数回であれば我慢できるし、週2〜3回であれば持った方がいい。

実際、車を持っている人の大半がそういう基準で決めている。
なくても済むのに持っている人はそれほど多くはない。

なくても我慢できる環境にいながら持っている人の大半は、「車が好き」「経済的に余裕がある」という確信犯である。
それほど余裕がないのに何となく持っている人は全体の数%だろう。

その数%の人を啓蒙するために、定期的に記事が生産されているのだろうか。
恐らく、書き手はウケるから書いているだけだろう。
誰にウケるか。
啓蒙すべき数%の人ではなく、「なくても我慢できる環境にいて、車を持っていない人」にウケるからである。

啓蒙目的のように見えて、実は、持っていない人が持っている人を嘲笑するための記事に成り下がっている。
だから、虚しいのである。

posted by なすび at 12:01| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

ユーチューバーの収入

ユーチューバーの月収はチャンネル登録数の2〜3倍といわれている。
登録数10万であれば、月収25万円。
副収入としては十二分だし、主収入としても何とかやっていける。

最近見ているユーチューバーをチェックしてみよう。

@でいぜろバンコク(登録数2.4万)
 バンコクの現地採用で働いている二人組がタイを紹介している動画。
 ゆるい、素人っぽい感じがいい。
 YouTubeの月収は6万円だから副収入の範囲だろうと思っていたら、一人は会社を辞めていた。
 生活は大丈夫だろうか。

Aたっちゃんねる(登録数4.6万)
 名古屋在住のオッサンが一人で飲み食いしている動画。
 普通のサラリーマンのようである。
 YouTubeの月収は12万円だから、副収入としては立派だ。
 大食いで、動画では1日2万円は飲み食いしているが、その費用は十分賄える。
 最近はオシャレな服も着ているなあ。

Bくーねる(登録数8万)
 30前後の男子がアウトドアや料理をする動画。
 定職を持っている感じではない。
 若いのに独特の口調が癖になる。
 YouTubeの月収は20万円だから、男一人なら充分食っていけるだろう。
 そういうば、カヌーを新調していたな。

人気が出るとそこそこの収入になるが、いつまでも続くわけではない。
個人がネタを絞り出し、主役も演じるわけだから、どうしてもマンネリ化する。
そのうち飽きられて収入は激減するだろう。

上記サイトも主だった動画を2〜30まとめて見ると食傷してきた。
ワンパターンだからである。
最近はたまにしか見ない。

posted by なすび at 07:00| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする